PHP

PHP foreachの使い方

2015/05/09

「foreach」の使い方です。

foreachは「while」「for」と同じくループ処理を行う構文ですが、配列を扱うことに特化しています。

下記は配列の中身をすべて表示する例です。

<?php
    $fruit = array("apple", "orange", "peach", "melon");

    foreach($fruit as $value){
        echo $value."<br>\n";
    }
?>

» 実行結果

変数fruitを一つ(apple)取り出して変数valueにいれて、{}内の処理を行います。それをorange、peach、melonと変数の中身分繰り返します。

また、連想配列では、

(配列 as キーを入れる変数 => 配列の中身を入れる変数)

とすることで、添字(キー)を一緒に取り出して表示させることが出来ます。

<?php
    $week = array(
        "Sun" => "Sunday",
        "Mon" => "Monday",
        "Tue" => "Tuesday"
    );
    
    foreach($week as $key => $value){
        echo $key."は".$value."の略です。<br>\n";
    }
?>

» 実行結果

もちろん連想配列でもキーを取り出さずに中身だけを取り出して表示することも可能です。

※例で使っている$valueや$keyは他の変数名でも大丈夫です。通例として$valueや$keyがよく使われています。

-PHP