PHP ローカル開発環境

XAMPPの初期設定をしよう

2015/07/22

XAMPPをインストールしてローカル開発環境を作ろう」の記事の続きで、今回は初期設定を行っていきます。
セキュリティ設定・文字化け対策・タイムゾーンの設定を行っていきます。

セキュリティ設定

サイドメニューのセキュリティをクリックします。
XAMPP初期設定キャプチャ1

 

ページ中段の「http://localhost/security/xamppsecurity.php」をクリックします。
もしページが文字化けしている場合は、ブラウザのエンコードをsjisに変更してみてください。

XAMPP初期設定キャプチャ2

 

ID・パスワードの設定画面で、①~④の順番に、入力・クリックを行います。
ID・パスワードは後に使いますので必ずメモを取っておいて下さい。

XAMPP初期設定キャプチャ3

 

ここまで完了したらXAMPPのコントロールパネルでApacheとMySQLを再起動(stopをクリックして再度startをクリック)でセキュリティの設定が完了です。

XAMPPキャプチャ9

MYSQLとPHPの初期設定

XAMPPをインストールしたディレクトリ「\xampp\mysql\bin」の中に「my.ini」というファイルがありますのでテキストエディタで編集します。

[client]の下に下記を追加します。
default-character-set=utf8
[mysqld]の下に下記を追加します
character-set-server=utf8
skip-character-set-client-handshake
[mysqldump]の下に下記を追加します。
default-character-set=utf8
[mysql]の下に下記を追加します。
default-character-set=utf8

さらに、「\xampp\php」の中に「php.ini」というファイルがありますので続けて編集します。

下記の「;」を削除して有効にします。
;mbstring.language = Japanese
 ↓
mbstring.language = Japanese
下記の「;」を削除して有効にし、EUC-JPをUTF-8に変更します。
;mbstring.internal_encoding = EUC-JP
 ↓
mbstring.internal_encoding = UTF-8
下記の「;」を削除して有効にします。
;mbstring.http_input = auto
 ↓
mbstring.http_input = auto
下記の「;」を削除して有効にし、SJISをUTF-8に変更します。
;mbstring.http_output = SJIS
 ↓
mbstring.http_output = UTF-8
下記の「;」を削除して有効にします。
;mbstring.encoding_translation = Off
 ↓
mbstring.encoding_translation = Off
下記の「;」を削除して有効にします。
;mbstring.detect_order = auto
 ↓
mbstring.detect_order = auto
下記の「;」を削除して有効にします。
;mbstring.substitute_character = none
 ↓
mbstring.substitute_character = none
下記の「;」を削除して有効にします。
;mbstring.func_overload = 0
 ↓ 
mbstring.func_overload = 0
下記のOnをOffにします。
expose_php=On
 ↓ 
expose_php=Off
下記のEurope/BerlinをAsia/Tokyoに変更します。
date.timezone=Europe/Berlin
 ↓
date.timezone=Asia/Tokyo

ここまで完了したらXAMPPのコントロールパネルでApacheとMySQLを再起動(stopをクリックして再度startをクリック)でMYSQLとPHPの初期設定が完了です。

XAMPPキャプチャ9

実際にhtmlやphpを表示する方法については「XAMPPを使ってhtmlやphpをブラウザで表示してみよう」をご覧ください。

-PHP, ローカル開発環境