PHP

PHP 改行、タブ(エスケープシーケンス)の使い方

2015/05/09

「改行、タブ(エスケープシーケンス)」の使い方です。

PHPの記述で改行しても、HTMLでは改行されません。
改行しない例です。

<?php
    echo "<p>改行の例です。</p>";
    echo "<p>改行の例です。</p>";
?>

» 実行結果
ソースを見るとわかりますが、HTMLでは改行されていません。

このままでは可読性を損ねますので改行します。改行は「\n」です。

<?php
    echo "<p>改行の例です。</p>\n";
    echo "<p>改行の例です。</p>\n";
?>

» 実行結果
見やすくなりましたね。

さらにタブ「\t」でインデントを付けてみます。

<?php
    echo "\t<p>改行の例です。</p>\n";
    echo "\t<p>改行の例です。</p>\n";
?>

» 実行結果

無事インデントがつきました。

このように「\」(バックスラッシュ)プラス一文字で使える特殊な文字をエスケープシーケンスといいます。
エスケープシーケンスは、「'」(シングルクォーテーション)で囲まれていても展開されず、そのまま表示されてしまいますので必ず「"」(ダブルクォーテーション)で囲むようにしましょう。

<?php
    // 「'」(シングルクォーテーション)では展開せずそのまま表示されてしまいます。
    echo '\t<p>改行の例です。</p>\n';
    echo '\t<p>改行の例です。</p>\n';
?>

» 実行結果

他にも下記のようにPHPで使う記号をHTMLとして表示させるにはPHPの記述ではないと言う宣言をするために、「\」でエスケープする必要があります。

  • 「¥¥」 ¥マーク
  • 「¥$」 $マーク
  • 「¥(」 左かっこ
  • 「¥)」 右かっこ
  • 「¥[」 左かっこ
  • 「¥]」 右かっこ
  • 「¥'」 シングルクォーテーション
  • 「¥"」 ダブルクォーテーション

-PHP