PHP

PHP 加算子・減算子の使い方

2015/05/09

「加算子」「減算子」の使い方です。

加算子と減算子は2種類ずつあります。
違いを見て行きましょう。

前置加算子
++$x

前置加算子は変数の前に+を2つ書き、「変数に1を足した後に変数を返す」形になります。
下記は$xに1を代入した後、$xに1を足して$yに代入します。

<?php
    $x = 1;
    $y = ++$x; // $xに1を足した後に$yに$xを代入します。
    echo $x."\n";
    echo $y;
?>

» 実行結果

後置加算子
$x++

後置加算子は変数の後に+を2つ書き、「変数を返した後に変数に1を足す」形になります。
下記は$xに1を代入し、$yに$xを代入した後に$xに1を足します。

<?php
    $x = 1;
    $y = $x++; // $yに$xを代入した後に$xに1を足します。
    echo $x."<br>\n";
    echo $y;
?>

» 実行結果

前置減算子
--$x

前置減算子は変数の前に-を2つ書き、「変数から1を引いた後に変数を返す」形になります。
下記は$xに3を代入し、$yに$xを代入した後に$xから1を引きます。

<?php
    $x = 3;
    $y = --$x; // $xから1を引いた後に$yに$xを代入します。
    echo $x."<br>\n";
    echo $y;
?>

» 実行結果

後置減算子
$x--

後置減算子は変数の後に-を2つ書き、「変数を返した後に変数から1を引く」形になります。
下記は$xに3を代入し、$xを$yに代入した後に$xから1を引きます。

<?php
    $x = 3;
    $y = $x--; // $xを$yに代入した後に$xから1を引きます。
    echo $x."<br>\n";
    echo $y;
?>

» 実行結果

まとめ

特に加算子はよく使うと思います。
実行結果を見ると分かるように、変数を返す前に1を足す(引く)場合と、変数を返した後に1を足す(引く)場合では、結果が変わる事がありますので、違いをちゃんと理解しておきましょう。

-PHP