PHP

PHP 代入演算子の使い方

2015/05/09

「代入演算子」の使い方です。

代入演算子には「=」の他に、「+=」「-=」「*=」「/=」「%=」「.=」等の複合演算子があります。
一つずつ見て行きましょう。

+=

「+=」は左辺と右辺を足して左辺に代入する演算子です。
下記の2つは同じ意味です。

$x += $y; // $xと$yを足した値を$xに代入する
$x = $x + $y;

-=

「-=」は左辺から右辺を引いて左辺に代入する演算子です。
下記の2つは同じ意味です。

$x -= $y; // $xから$yを引いた値を$xに代入する
$x = $x - $y;

*=

「*=」は左辺に右辺を掛けて左辺に代入する演算子です。
下記の2つは同じ意味です。

$x *= $y; // $xに$yを掛けた値を$xに代入する
$x = $x * $y;

/=

「/=」は左辺を右辺で割って左辺に代入する演算子です。
下記の2つは同じ意味です。

$x /= $y; // $xを$yで割った値を$xに代入する
$x = $x / $y;

%=

「%=」は左辺を右辺で割った余りを左辺に代入する演算子です。
下記の2つは同じ意味です。

$x %= $y; // $xを$yで割った余りの値を$xに代入する
$x = $x % $y;

.=

上記は全て数値の計算でしたが、「.=」は文字列が入っている変数で使用します。
「.=」は左辺と右辺を連結した値を左辺に代入する演算子です。
下記の2つは同じ意味です。

$x .= $y; // $xと$yを連結した値を$xに代入する
$x = $x.$y;

ここで気をつけなければならないことは、変数に入っている値が数値であっても「.=」または「.」を使うことにより文字列に変わってしまうということです。

<?php
    $x = 1;
    $y = 2;

    $x .= $y;
    var_dump($x);
?>

» 実行結果

-PHP